MENU

CATEGORY

ラストマイル配送は人からロボットへ①

Global Reportラストマイル配送は人からロボットへ①

第19号の当ニュースレターの記事で、ドイツ・ベルリンでの「BVLサプライチェーン・カンファレンス」について取り上げました。そこでは討議のみならず、新しい技術や具体的に“目に見える形”での商品などの紹介もありました。その中でラストマイルの自動配送ロボットを開発している「スターシップ・テクノロジーズ(以下“スターシップ”)」の最高執行責任者(COO)がプレゼンをしており、筆者も少しですが、直接話を聞くことができたのでご紹介いたします。

スターシップの配送ロボット①スターシップの配送ロボット②スターシップの配送ロボット③

写真1:スターシップの配送ロボット 同社プレスキットより

このロボットは、主にネットスーパー(リアル店舗の宅配含む)、レストランの出前、宅配便(ロボットに収納できる小口のもの)のラストマイル配送にターゲットを絞っています。移動距離は約3km四方のエリア内、ロボットの自走時間は往復30分以内を想定しているとのこと。自動運転で重さ10kgまでの荷物を運搬できます。荷物を入れる「ベイ」のサイズは40cm×34cm×33cmとなっています。基本的に歩道(サイドウォーク)を走行し、複数搭載されたセンサーにより段差、信号、障害物を見極め、自動的に止まったり、人に道を譲ったりします。移動の精度は1cm単位です。ロボットはコントロールセンターから常時監視されており、必要に応じて自動走行からセンターによる遠隔操作に切り替えることが可能になっています。スペック上の最高速度は時速16kmですが、安全のため時速6kmで走行するように設定されているそうです。実際に使用、たとえば近所のネットスーパーに配達を依頼する場合は、以下のような流れになります。

① ユーザーがオンラインでオーダ ー&配達時間の指定
② 配達時間に合わせて店側で準備
③ 準備が完了し、発送の時間になるとユーザーにオンラインで連絡
④ ロボットが自走で配達先へ
⑤ 受取人のユーザーがスマートフォンを操作し蓋をあけて受領
⑥ ロボットが勝手に自走して基地に戻る

 

◆スターシップについて

この独創的な発想を持ち開発を進めているスターシップは、2014年にエストニアで創業され、今も開発拠点をエストニアに置くベンチャー企業です(ビジネス関連の本拠地は英国・ロンドン)。「エストニアって?どこ?」と思われる方も多いのではないでしょうか?旧ソ連と隣接する、バルト三国の一番北に位置する国で、実は世界最強のIT先進国家だったりします。

エストニアの場所

図:エストニアの場所 グーグルマップより日通総研作成

スターシップは、2000年代前半にインターネット業界を驚かせた無料ネット通話ソフト「スカイプ(Skype)」を共同開発したプログラマーであり、その後いくつものベンチャーを立ち上げた起業家のAhti Heinla氏が設立した会社です。彼は2013年に、「火星を走行して土壌サンプルを持って帰るロボットの開発」というNASAのコンテストに参加していたらしいのですが、その技術が「物流のラストマイル配送に使える」とひらめいてスターシップを立ち上げたそうです。いやはや、凄い発想の持ち主ですね~、凡人の筆者ではとても思い付きません…。しかし、業界の固定概念を壊して新しい息吹を吹き込むのは、やはり外部の人なのだと痛感しました。

この記事の著者

◆出身地:福岡県福岡市 ◆血液型:B 型 ◆趣味:ラグビー観戦、ランニング、旅行、酒
1993 年 早稲田大学 教育学部 英語英文学科 卒業
2001 年 University of Washington, Foster School of Business 修了 (MBA)
【得意分野】 新規事業の企画および立ち上げ、海外進出、国際交渉

iPhone に「been」という、これまで行ったことがある国を世界地図上で示すアプリがあります。社会人になってから 20 年強ずっと国際関連の仕事をしており、2009 年に当社に入社してからも海外調査や取材等で年間四分の一は海外出張という生活だったので、だいぶ地図も埋まるかな~と期待していたら、全世界のたったの 14%(32 ヶ国)しか行ってないことが判明しました。「あれだけエコノミークラスで長い時間を過ごしても 14%か…」と多少落胆しましたが、同じ国に何度行っても“1 つ”としかカウントされないのでしょうがないか。しかし、いつものハードでバタバタのビジネス出張ではなく、ゆったりしたプライベート旅行で「been」の地図を埋めていきたいものです。無料のアプリなので、興味のある方は試してみて下さい。

Page Top